FC2ブログ
外為ジャパンの評判

不動産投資で稼ぐ情報商材

戸建賃貸投資日記 埼玉戦線 個人不動産屋よしお > 不動産投資の基礎 > 指値を通りやすくする方法

プロフィール

個人不動産屋

よしお



不動産業界に身を置く
変わり種の大家


個人事業主として不動産会社から独立して、様々なネットビジネスや不動産投資で生計を立てています。

→詳細ページ

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

指値を通りやすくする方法

2011年06月09日(木)

 今回は、指値をとおりやすくするノウハウをご紹介します。

 まず、ノウハウの結論から申し上げます。

 「買い付けは元付業者(売主業者)に直接提出する」です。

 元付業者に両手数料(買主・売主両方から手数料をもらえる状態)を

 ゲットできる環境にしてあげることが重要です。

 もしこれが、元付業者ではない仲介業者に頼んだ場合はどうでしょうか・・・、

 そうなると元付業者は片手数料しかゲットできなくなります。

 どちらのほうが業者にヤル気を起こさせるかは明白ですよね(汗)。

 それだけ、売主さんの説得に気合いが入ります。



 それと、両手数料をゲットできる元付業者は、

 買主の指値と売主の売却希望額がどうしてもミスマッチする場合、

 仲介手数料を減額することによって調整してくれるケースもあります。

 それだけ、不動産業者は両手数料がほしいんです・・・

 あたりまえの話ですが、片手数料は半分ですので(汗)。

 売買系の不動産営業マンは、90%以上が歩合給ですので、

 こと手数料の金額には非常に敏感です。

 

 で、肝心の元付業者を探す方法ですが・・・、これは意外に難しかったりします。

 健美家等に掲載されている物件も

 先物(元付業者がネットに出稿していない物件)がけっこう多いんです。

 レインズを使える友人がいれば一発でわかるところですが、

 そんな環境にいる方は一握り・・・

 そうなると、健美家に載っている物件概要を検索エンジンに打ち込んで、

 元付業者のHPを探すことになります。

 もしくは、先物業者がくれる物件資料の下帯に元付業者が載っていますので、

 記憶しておくのもいいかもしれません。

 その後に、元付業者に連絡する・・・

 (先物業者の立場なし・・・汗)

 先物業者に該当物件を案内されない限り、元付業者のほうで契約しても、

 トラブルにはなりません。

 (トラブルとは、業界用語で「抜き行為」といいます)



 色々と面倒ですが、頭の片隅にでも留めておいてください(笑)。


関連記事
スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
出会い